7sonora

7sonora es un grupo que intenta fusionar la música cubana y la brasileira. Está formado por tres japoneses, NANA cantarina (vocalista), que canta y baila la música cubana, Tokuyiro (percusionista), que toca y canta y Yutaka “Yaso” Yamada que toca la guitarra brasileira de siete cuerdas.
Les ofrece repertorios variados desde el tema movido y bailable hasta la balada romantica. Se representa en todo la parte del Japón y ha tenido muy buena acogida.

7sonora(ナナ・ソノーラ)は、サルサをはじめとするラテン音楽(とくにキューバ音楽)とブラジル音楽を得意とする3人のミュージシャンが集まり独自のサウンドを追求しているグループである。

ラテン音楽・ブラジル音楽の要素にポップス・ロック・ファンクなどの要素を加えたサウンド。ラテン音楽側から見ればそれはキューバに於けるNueva Trovaの流れであり、またブラジル音楽側から見ればMPBの流れと言うことが出来るが、7sonoraはそこに日本という要素を加味し、そのどちらをも内包した新たな音楽を発信し続けている。



        https://www.facebook.com/7sonora     

  • Wix Facebook page

各アルバムのライナーノーツは、「とくじろう」のページにて公開中!

7sonora 3rd Mini-Album 『アラカルト(A la carta)』

and more...

7sonora公式サイトはこちら → NS Records Japan

NANA Cantarina
​奈奈 カンタリーナ

Vocal ボーカル
Minor Percussion マイナーパーカッション

Composer 作曲・作詞


大阪出身
ラテンボーカリストとして国内外で活動中。
キューバ国際音楽フェスティバルへ招待される実力派。近年では全国の小. 中. 高等学校等でのラテン音楽観賞会の公演、FUJIROCK FESTIVAL への出演、世界一周クルーズ船へのゲスト乗船等、ラテン音楽の楽しみをより沢山の人に伝えるべく幅広く活動。
また、キューバン・サルサ・ダンスのインストラクターとしても全国で活動しており、誰でも簡単に楽しめる、キューバのストリートダンスを伝授。歌いながらキューバンダンスで魅せるステージパフォーマンスが好評である。ラテン音楽を通じて、より沢山の楽しみ・
笑顔をまき散らすべく、幅広く活動中。



Una de los vocalistas más conocidos como la vocalista de la música latina.
En particular tiene la relación profunda con Cuba, ha representado dos veces en la faria internacional ¨Cubadisco¨ en el año 2004 y 2005 invitado oficialmente por Instituto Cubano De La Música.
En estos años actúa en varios escenarios, en varios festivales nacionales, en la escuela, en los barcos lujosos que da una vuelta al mundo…etc para que conozca y entere la gente la atracción de la música latina.
También trabaja como instructora de baile de salsa cubana enseñando el estilo callejero que pueden disfrutar todos facilmente.


http://www.7musica.net/

Tokujiro ​ とくじろう

Vocal ボーカル
Percussion パーカッション

Lyricist 作詞​

兵庫県淡路市出身
関西外大西語学科卒業後メキシコへ。
Guadalajara を拠点に約1年間 語学習得の日々を送る。現地のパーカッショニスト Chuyin Barrera と出逢い、ラテン音楽をメインのフィールドとして活動して行く決意を固める。ラテン音楽のすそ野を広げるべく関西初となる参加型のラテンセッションを企画、また、京都芸術センターが主催するイベントにて企画構成を担当し、キューバ音楽に焦点を当て踊りと音楽・講義と実演を織り交ぜ紹介し、好評を博す。
また演奏活動だけでなくその語学力を活かし、自身の所属するグループや『Baila Baila』というスペイン発地中海系エクササイズDVD でもそのスペイン語作品の大部分のスペイン語の作詞も務めている。



Estudió el español en la Universidad y lo aprendió en Mexico. Encontró con la música latina y la percusion en Mexico y ahí empesó su carrera como percusionista. Con la misma orquesta que NANA fue a Cuba a representar en ¨Cubadisco 2004¨.

Como percusionista y corista se ha representado con los musicos que visitó Japón como Jimmy Sabatel, Jimmy Bosch, Frankie Morales,,,etc.
En este grupo,7sonora, es el encargado de todas las cosas relacionadas con la lengua española.

 

http://tokuyiro.wix.com/tokuyiro

Yutaka Yamada
​山田やーそ裕



Violão de 7 cordas  7 弦ギター

Electric Guitar  エレキギター

Composer 作曲   Arranger アレンジ



大阪出身
低音に1 弦多いブラジリアン7 弦ガットギターを駆使したブラジリアン・スタイルのギタリストとして、様々なアーティストとのコラボレーションを展開し、日本中を駆け巡っている。
CD 制作やTV 挿入曲から音源制作などスタジオワークは年間100 曲を越し、エレキギターでロックユニット
も参加するなど、演奏活動は多岐にわたる。



Se destaca como guitarrista del estilo brasileiro en todo el Japón actuando con varios músicos tocando su guitarra brasileira de siete cuerdas. Tambien tiene la cara de “músico del estudio”,graba más de cientos temas al año. Aparte de la guitarra brasileira toca tambien el Rock con la guitarra electronica.


http://www.yaso7.com/

In Store Now

【アルバム情報】 
アルバムタイトル:A LA CARTA / アラカルト)   全4曲収録 <NSCD-1206>

発売日:2018年5月5日 販売価格:¥1.000(税抜)

販売元:NS Records   Email 7musica@gmail.com
配給元:CD Baby https://store.cdbaby.com/Artist/7sonora

Nana Cantarina : Vocals & Guiro  Yutaka Yamada : 7strings Guitar  Tokujiro Hamano : Percussions & Vocals

Recorded and Mixed by : Michiko Abe   Recorded at : Escuela de danza Cerezo de Cuba & NS Records Studio
Mixed at : Abex Studio in Tokyo   Mastered by : Osamu Igarashi   Art Works : Cion Nezu   Cover Design : Nana Cantarina


7sonora(ナナ・ソノーラ)の『現在』と『ありのまま』を詰め込んだこのアルバム。
自分たちの新たな可能性を見出そうとする試みはこれまで通りに、キューバのソンやトローバ、ブラジルのショーロやサンバなど自分たちのルーツへも立ち返った、踊れる短編集。

 

This album is the "Now" and "Naked" of 7sonora(Nana sonora). 
We have composed this album backing to our roots music like as Cuban Son, Nueva Trova, Brazilian Choro and Samba and trying to discover a new frontier. 
All songs are written in spanish.   

 

Este album es el "presente" y "desnudez" de 7sonora(Nana sonora). 
Hicimos este disco regresando a la musica predilecta nuestra como El Son cubano, La nueva trova, Choro brasileiro y Samba y procurando descubrir una nueva frontera. Todos los temas son escritos en espanol. 

In Store Now

【アルバム情報】 
アルバムタイトル:Antitesis (アンティーテシス)   全9曲収録 <NSCD-1203>

発売日:2015年9月13日 販売価格:¥2.500(税抜)

販売元:NS Records   Email 7sonora [at ] 7musica.net
配給元:アオラコーポレーション http://www.ahora-tyo.com/ 
〒167-0053 東京都杉並区西荻南2-6-3エスペランサ尾崎202
TEL 03-5336-6957 FAX 03-3247-1263

Guest Musician: Takeuchi Tatata : Bata Drums, SAYAKA : Violin,

Genta Ueki : Guitar & Tres cubano   Hasetaku : Pandeiro & Percussions,

Tsutomu Takei : Saxophones & Flute, Takeshi Omachi : Cello,

GENKI : Chorus, Michiko Abe : Chorus, Cion : Chorus, 曹洞宗「一歩の会」  

 

Executive Producer : Nana Cantarina   Recorded and Mixed by : Michiko Abe

Recorded at :  Studio SOGA in Nagkagawa Village Nagano

Additional Recording : Abex Studio in Tokyo,  乾晨寺(Kenshinji), 

Studio Tomorrow in Osaka

Mixed at : Abex Studio in Tokyo    Mastered by : Osamu Igarashi





 前作『Canto a la tierra』の制作においてキューバの新世代ムーブメントの先駆者Pavel Urkiza氏から『アイデンティティ』を探求することというメッセージを受け取った。日本人としての、また、ブラジル音楽・ラテン音楽を演奏するミュージシャンとしてのアイデンティティ。それは元来7sonoraが追求して来たものを更に掘り進めることを意味しており、その成果が本作『Antítesis』と言えるだろう。

 『Antítesis』はアンチテーゼのことであるが、それは現代日本に於ける様々な問題・事象・風潮に対し音楽を通して提起するアンチテーゼであり、本作は9つのアンチテーゼの集合体なのである。そして同時に、理屈っぽいテーマをタイトルに冠したこのアルバム自体が遊び心を忘れがちな大人へのアンチテーゼとなっている。

 本気とユーモア。冗談をする時こそ本気で真面目に取り組む。しかしそのユーモアは照れ隠し的に本気をマイルドに包み込むオブラートのようなもの。各曲の行間にはオブラートに包まれた作者の思いがたっぷりと詰まっており、アルバム全体に散りばめられた遊び心をどう捉えるかによっても本作の印象は大きく変わるのではないだろうか。

 一方『アイデンティティ』に目を移せば、各曲のテーマは勿論、ゲストミュージシャンからミックス・マスタリングに至るまで全て日本人ミュージシャン・エンジニアを起用するなど、日本を、また日本人であることを強く意識したアルバムとなっている。

 

 

<1stアルバムのトータルミックス&マスタリングを手掛けた、キューバ人アーティスト、Pavel Urkiza パベル・ウルキサ氏からのメッセージ>

 

7 sonora. Nuevo disco.Un gran salto, un paso de gigante para este talentoso grupo de músicos japoneses que aman la música Iberoamericana y la honran con este su segundo trabajo. Nana Cantarina, excelente voz, cada vez mejor en sus interpretaciones, arropada en este caso por una base armónica, rítmica y melódica muy bien ejecutada, con buen gusto y musicalidad. Los arreglos y la producción denotan la madurez que estos artistas han alcanzado desde su anterior trabajo. Mis canciones preferidas, las cantadas en su idioma natal. Un disco que merece la pena escuchar y apoyar

 

7sonoraのセカンドアルバムは、ラテンアメリカの音楽を愛する優秀なこのグループにとって大きく躍進を遂げた偉大な1歩であり、彼らのラテンアメリカの音楽へのリスペクトが表れた作品である。素晴らしい歌声の持ち主である奈奈カンタリーナの歌は、そのセンスと音楽性の良さと非常にしっかりしたハーモニー・リズム・メロディーの基礎に裏打ちされ、聴く度毎に素晴らしくなる。各曲のアレンジと作品全体を聴けば、このアーティスト達が如何に前作から成熟したかが分かる。 わたしのお気に入りは彼らが母国語で歌っている曲だ。このアルバムは聴く価値のある、支持する価値のあるアルバムである。

In Store Now

【アルバム情報】 
アルバムタイトル:Canto a la tierra   全9曲収録《日本語・スペイン語対訳付  <NSCD-1201>

発売日:2012年9月9日 販売価格:¥2.300(税込)

販売元:NS Records TEL 050-7567-4934   Email 7musica@gmail.com
配給元:アオラコーポレーション http://www.ahora-tyo.com/ 
〒167-0053 東京都杉並区西荻南2-6-3エスペランサ尾崎202
TEL 03-5336-6957 FAX 03-3247-1263

Guest Musician: Totó Noriega / Percussion , Yoriell Carmona : Tres Cubano
David Mendoza Camacho : Bass , Yasuyo Tsuchiya : Flute
Arreglos, Producción Musical de 3 y 7 :Pavel Urkiza.
Grabación y Edición: Yoriell Carmona Sanchez (Lanzarote España)
y Michiko Abe (Tokio Japón)
Grabado en “El Patio Record” . Calle Duende s/n Teguise 35530 Lanzarote España
Mezclado por Javier Monteverde y Pavel Urkiza,
Masterizado por Javier Monteverde en Cezanne producciones, Madrid
Asistente de Estudio: Niko Domínguez.

録音:El Patio Record《カナリア諸島・ランサローテ島(スペイン)》
ミックス&マスタリング:Cezanne producciones《マドリッド・スペイン》





キューバ音楽とブラジル音楽。それぞれのジャンルで活躍するメンバーがそれぞれの要素を持ち寄りその融合を目指す、それが7sonora。

本作品は更にその向こう側にある可能性を探るべく、日本人としての観点からスペイン語での作詞を行い、国内のみならず対外的に発信することを意図した全曲オリジナルのアルバムである。
本作品にはキューバを代表するシンガーソングライターであり、作・編曲家 Pavel Urkiza 氏によるアレンジの曲、“Siempre Estarás” と“Canto A La Tierra” が収録されているが、同氏の日本への関心の高さが窺えるアレンジとなっている。また、現在スペインはカナリア諸島を拠点に活躍するキューバ出身のミュージシャンによるグループ、Más Que Son のメンバーがゲストとして参加してくれたことにより、本作品はより深みのあるものとなった。
さらに、今回ミックス・マスタリングを担当したJavier Monteverde 氏はPavel 氏の右腕的存在で、両氏による最終作業の結果、本作品はクリアで芯のある素晴らしい音へと仕上がっている。常にキューバ音楽とその他の音楽の融合を行い、キューバ音楽に新たな可能性をもたらしている、キューバ音楽の最前線に立つミュージシャンPavel 氏とMás Que Son ( 彼らもまた自国の音楽に他国の音楽の要素を取り入れることで新たな音楽の創造を目指すグループである)、そして7sonora。
偶然の切掛けから始まった今回のスペイン録音は、国境を越えて志を共にするミュージシャンが思いがけず集い音を重ねる結果となり、日本のラテン音楽シーンに一石を投じる記念すべきアルバムとなった。



Música cubana y brasileña. Esto es 7 sonora. Cada integrante de la banda desarrolla estos elementos hasta conseguir su fusión en un estilo musical propio.

Este albúm no solo consigue esta fusión sino que además explora nuevos paisajes en la busqueda de esa identidad más allá de los limites de la isla.
Para ello crean sus letras en español sin renunciar a la lírica de expresión propia del Japón.

Este trabajo contiene dos temas: "Siempre estarás" y "Canto a la tierra", arreglados por el gran Pavel Urkiza, cantautor, compositor y arreglista cubano.
En estas dos composiciones muestra su interés por Japón.
También cuenta con la colaboración de los componentes del grupo cubano "Más Que Son"
que aportan la textura y el sabor original de Cuba.

La mezcla y la masterización del disco han sido realizado por Javier Monteverde, colaborador frecuente en los trabajos de Pavel Urkiza.
El trabajo de ambos ha dotado al disco de 7sonora de un sonido trasparente y vigoroso.
Ellos, junto a la familia de músicos cubanos, han aportado los elementos de mestizaje que este trabajo refleja. Mestizaje de música cubana y brasileña junto a músicos japoneses.

Esta grabación, realizada en España de forma casual, ha reunido a músicos que han compartido un interés y una ambición común que, ampliando las capacidades propias del sonido, han trascendido las fronteras individuales de los integrantes del proyecto haciendo posible una obra memorable que rompe con los cánones establecidos de la música tanto latina como japonesa.





2曲のアレンジとアルバムのトータルミックス&マスタリングを手掛けた、

偉大なるキューバ人アーティスト、パベル・ウルキサ氏 (Pavel Urkiza) からのメッセージ



La capacidad de absorber música y devolvérnosla con identidad propia. Eso es 7sonora.

Unos artistas con mucho talento que comienzan un camino con valentía y corriendo muchos riesgos.
Han tocado a la puerta de la casa del “trompo” , han entrado y se han puesto a bailar.
Sorprenden, crean simpatía, sobre todo porque vienen de una Isla muy diferente a cualquier Isla de Las Américas,
una cultura muy distinta a cualquiera del continente americano.
Ellos, seducidos por los ritmos de Cuba, Brasil, Puerto Rico, Dominicana o Haití, imantados por la música de ese lado del mundo, se han adentrado en el universo sonoro afro-latino-americano y lo han recreado desde su esencia japonesa. Viven la música como sólo los inquietos y necesitados de expresarse desde ella lo hacen.

Tienen mucho que recorrer aún, que aprender,
pero el talento de estos artistas es innegable, por eso les deseo toda la suerte del mundo.
Que este primer escalón, el debut de 7sonora, sea el comienzo de una gran escalera hacia la creatividad más absoluta
y prolífica, para que nos regalen en el futuro la música donde habiten todas las Islas que aman.
Arigato Gozaimasu. Aché.  Pavel Urkiza





【訳】

音楽を吸収し、自らのアイデンティティーをもってその音楽をわれわれに還元する能力。それが7sonora だ。

多くのリスクを背負いながらも、勇気を持ってその道を歩み始めた、彼らはそんな才能溢れるアーティストたち。
彼らはその『コマ』に触れ、自らがその軸となり踊るように回りはじめた。
アメリカ大陸のいかなる文化とも大きくかけ離れ、アメリカ大陸のいかなる島々とも非常に異なる島国からやって来たということに人々は驚き、好感を抱く。またキューバ、ブラジル、プエルトリコ、ドミニカ、ハイチのリズムに魅せられ、そちら側の世界の音楽に引き寄せられた彼らは、アフロ・ラテンアメリカの音楽の世界へ足を踏み入れ、日本人としての彼らのエッセンスを織り込みながらその音楽を再構築している。
自らを表現するために必要なもの、探究心の対象として音楽を体感し、それらをもとに自らを表現しようと彼らはウズウズしているのである。彼らには歩むべき道、学ぶべきことがまだあるとはいえ、このアーティスト達の才能は否定出来るものではない。だからこそこの世のすべての運が彼らにあらんことをわたしは願う。
7sonora のデビューというこの最初のステップが、より完璧でより多産な創造への偉大なるステップの始まりとならんことを。そして将来、彼らが愛する全ての島々、国々の要素が内在する、そんな音楽をわれわれに届けてくれることを。  
ありがとうございます。Aché Pavel Urkiza



La Rumbera de Japon

© 2005-2018 by NS Records. Todos los derechos reservados. All rights reserved.